• トップ /
  • ビジネスマナー研修はなぜ必要か

自分自身のビジネスに役立つ

新卒採用した社員に対してビジネスマナー研修を受講させる会社は多いです。ビジネスマナーというと、なんだか形式的でめんどくさい決まりだという印象を持っている方も多いかもしれません。しかし相手のためだけでなく、自分自身が仕事を気持ちよく円滑に進めていくためにも役立つルールなのです。ビジネスマナー研修で学ぶことの1つに、名刺交換のルールがあります。名刺はただの自己紹介カードではなく、その人自信を表すものですから、他人の名刺をぞんざいに扱うのは厳禁。相手の名刺を正しく丁寧に扱うことにより、お互いを大切なビジネス相手として扱っているという実感を得られます。すると気持ちよく仕事の話を進めることができますので、自分自身のためになるのです。また電話応対も研修で学ぶことが多いテーマです。実際の電話応対のロールプレイングを通じて、実践的な電話応対方法を学びます。研修であらかじめ電話応対することによって、配属後に電話を受けたときにスムーズに応対できるようになります。もし学んでおかなければ、電話相手に失礼な言葉を使ってしまったり、取次ぎ先を間違えてしまって仕事に差し支えるようなことにもなりかねません。このように研修できちんとビジネスマナーを学んでおけば、さまざまな場面で役立つでしょう。

自動車の基礎情報

↑PAGE TOP