• トップ /
  • ビジネスマナーで大事なこととは

ビジネスの現場で活用するために

社会人にとって不可欠なのが、ビジネスマナーを身に付けることです。しかし、基本的なマナーを暗記するだけで終わってしまうという人は少なくないのではないでしょうか。それだけでは十分に身に付いたとは言えません。実際のビジネスの場では、応用する力が問われるからです。例えば、上座・下座の位置を把握したとしても、その知識がそのまま活用できるとは限りません。例えば、位置としては上座に当たる席でも、柱を背にしていて狭くなっていたり、何か不具合がある場所だったりしたらどうでしょうか。そこにお客様を案内することは、逆に失礼になり得ます。また、砕けた話し方をしてきている相手に、教科書通りの言葉づかいで対応することも、場合によっては望ましくないかもしれません。距離を縮めようという相手の心遣いを無下にしてしまうことにも繋がるからです。こうした場面では、基本のマナーを応用して対応することが求められます。ビジネスマナーの基礎を把握していることは大前提としても、それを忠実に守るだけではビジネスの成功には繋がりません。ビジネスマナーのそもそもの目的とは、相手を慮ること、相手に不快感を与えない振る舞いをすることです。相手や状況に合わせて柔軟に応用してこそ、その目的は果たされると言えるでしょう。

自動車の基礎情報

↑PAGE TOP